一般社団法人 日本精神科看護協会
日本精神科看護協会入会のご案内
サイト内検索 サイトマップ お問い合わせ
  文献検索
協会概要 こころの健康 精神科看護を志す方へ 精神科以外で働く看護師の方へ 会員向け情報 支部専用
HOME > 精神科以外で働く看護師の方へ > 向精神薬の薬理作用と副作用
精神科以外で働く看護師の方へ
向精神薬の薬理作用と副作用 こころのケアが必要なとき
向精神薬の薬理作用と副作用
1.向精神薬とは
 向精神薬とは中枢神経に作用し精神機能(心の働き)に影響を及ぼす薬物の総称で、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。一般科においても抗不安薬や睡眠薬などは治療や検査に用いることがあると思います。ここでは精神科以外では、使用頻度が少ないと思われる抗精神病薬の薬理作用と副作用について説明します。

 

2 おもな抗精神病薬
 抗精神病薬はその作用力を示す強さ(等価用量)によって、高力価群と低力価群に分けられます。高力価群はおもに幻覚妄想に、低力価群は精神運動興奮に対する鎮静目的に使用されます。副作用においても、前者は錐体外路系に影響を及ぼすのに対し、後者は自律神経や循環器系に作用を及ぼす場合が多いとされています。以下、具体的に精神科で使用されている薬を分類しました。
種 類 おもな商品名 薬品名 一般的効用/備考









コントミン、
ウインタミン
クロルプロマジン 精神運動興奮における鎮静作用
ヒルナミン、
レボトミン
レボメプロマジン 強力な鎮静作用
ベゲタミンA、
ベゲタミンB
クロルプロマジン
配合剤
抗精神病薬ですが、主として睡眠剤として使用されている。
バルネチール スルトプリド 鎮静作用の他、抗躁作用もあり、躁状態に使用される。
ロドピン ゾテピン
メレリル チオリダジン 安定した鎮静作用
プロピタン ピパンペロン



セレネース、
ハロステン
ハロペリドール 優れた抗幻覚妄想作用。定型薬においては幻覚妄想状態の第一選択薬として多用される。
PZC、トリラホン ペルフェナジン 安定した抗幻覚・妄想作用
トロペロン チミペロン
エミレース ネモナプリド


オーラップ ピモジド おもに慢性期の患者さんに使用されることが多い。
ニューレプチル プロペリシアジン 衝動性に有効とされる
ドグマチール、
ミラドール
スルピリド 少量で抗うつ効果、抗潰瘍効果があり。副作用としてプロラクチン濃度上昇による乳汁分泌
持効性
抗精神病薬
アナテンゾールデポ
(2週間)
フルフェナジン デポ剤(長期間作用する注射薬)。コンプライアンス不良例(拒薬傾向など)に使用されている
フルデカシン
(4週間)
ネオペリドール、
ハロマンス(4週間)
ハロペリドール
非定型
抗精神病薬
リスパダール リスペリドン 水溶液タイプもある
ジプレキサ オランザピン 通常、1日1回経口
セロクエル クエチアピン 安定した抗幻覚妄想作用
ルーラン ペロスピロン

 

3 副作用について
錐体外路症状によるもの
ドパミン抑制の結果、パーキンソン病様の症状(主に筋肉のバランスにおける協調運動の障害)を呈するもの
アカシジア
 落ち着きがなくなり、一所に留まっている事が出来ない。足がムズムズしてじっとしていられない等の訴えがあれば、注意が必要です。多様な訴えが多い患者さんの場合には精神症状と見誤らないように注意しなければなりません。
 
アキネジア
   随意運動能力が低下し、身体の動きが鈍くなります。「無動症」や「運動不能症」とも言われます。
 
振戦
   代表的なパーキンソン病様症状です。患者さんは止めようとしても全く止まらないものです。食事のお箸が持ちづらかったり、字を書こうとしてもペンが震えて書きづらくなります。
 
急性ジストニア
   抗精神病薬投薬初期に身体の筋肉がひきつれを起こし、首が横に向いたり、体を反転させたり、舌を突出させたりします。多くの患者さんは激しく動揺します。必ず直ることを説明するとともに、医師に報告し、抗パーキンソン薬を投与する必要があります。
 
遅発性ジスキネジア
   口部、四肢体幹の不随意運動(ウシやウマのような口の動き)が数カ月から数年の投薬によって出現することがあります。

抗コリン作用によるもの
アセチルコリンが抑制されて引き起こされる症状で、消化管の活動や分泌活動の低下等が現れる。
口渇
 唾液の分泌が減少することが多く、喉が渇きます。患者さんにとっては切実な問題です。そのことで1日に何リットルもの水を飲むことがあります。あまりに過剰に飲み続けると、必要な体内イオンが排出され、痙攣を起こし、時には死に至る事もあります。精神科では、こうした水中毒という問題があります。抗精神病薬による口渇との因果関係は指摘されるものの、その根本的な原因は明確にされていません。
 
便秘・排尿障害
   ひどい場合にはイレウスや尿閉となります。訴えが少ない患者さんは特に観察が必要です。多くの患者さんが緩下剤等で調整しています。

その他の副作用
眠気
 薬の種類により程度は異なりますが、鎮静・催眠作用があるので、ある程度の眠気が生じます。ふらつき等により転倒の危険性もあり、注意が必要です。また過剰な鎮静状態に陥っていないかなど注意深く観察が必要です。
 
性ホルモン異常
   男性では陰茎の勃起不能(インポテンツ)が起こる場合があります。女性の場合は、生理異常(生理がなくなったり、月に何度もある)が生じることがあります。
 
循環器症状
   血圧低下、頻脈、心電図異常などが生じる。起立性低血圧によるふらつき・転倒に注意が必要です。
 
悪性症候群
   最も重篤な副作用です。高熱(38〜40℃)、筋強剛、意識障害、頻脈、発汗などが出現したら直ちに疑わなければなりません。速やかに投薬を中止し、筋強剛に対してダントロレン、ブロモクリプチン(筋弛緩薬)を投与します。その他の臨床所見として白血球・CPK・ミオグロブリンの上昇が認められれば確定的です。筋強剛によるミオグロブリン上昇で腎不全をおこし死亡することもあります。早期発見が治療の鍵となり、したがって看護者の役割は重大です。
 
体重増加
   特に非定型性抗精神病薬で問題となります。食事や運動を中心とした体重管理が必要です。
 
血糖値上昇
   非定型性抗精神病薬(オランザピン、クエチアピン)に関して、因果関係が否定できないとされる血糖値上昇による糖尿病性ケトアシードシス、糖尿病性昏睡による重篤な症例報告例(平成14年に厚生労働省緊急安全性情報)がありました。したがって投与中は、定期的に血糖値の測定等を行い、異常が認められた場合には投与を中止する必要があります。
 また前述した口渇による多飲に起因したことですが、コーラやジュースなどを多量に飲んでいるようであれば、きめ細かい注意が必要です。
ページ上部へ
© 2000-2004 The Japanese Psychiatric Nurses Association All rights reserved.